S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2018 >>
プロフィール

ふたばの職員

Author:ふたばの職員
仙台市青葉区のすみっこにある
「双葉ヶ丘地域包括支援センター」
その職員が、ふたばの地域で出会ったこと、
日頃の活動をお知らせいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

地域の桜自慢(o‘∀‘o)*:◦♪

   
現在、シルバー“困りごと”ガイド北仙台を地域の皆様のご意見をいただきながら作成中です。
このガイドの表紙ですが、地域の皆様より北仙台地域素敵な風景を表紙にしたいとのご意見があり、桜が盛りの北仙台地区の風景をにバシャバシャとy写真を撮っておりました。

そんな撮影から、ちょっと地域の桜自慢です(* ´ ▽ ` *)

【こちらのガイドの表紙に向けて…】
ガイド

【東勝山公園のゲートボール場の東屋にて】
ゲートボール場

【双葉ヶ丘公園の満開の桜が風に舞い】
双葉ヶ丘公園①

【水の森市民センターの駐車場】
水の森駐車場

【北仙台小学校のあたりの階段を上りきったところ】
小学校からの階段

【鷺ヶ森の公園】
鷺ヶ森の公園

【当施設の枝垂桜】
寳樹苑の庭
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |

新年度の事業開始ヾ(o´∀`o)ノ

   
平成29年度が始動し、しばらく…
本日の仙台市は暴風警報が発令され、室内にいても風の音が響きます
咲いた桜もすっかり散ってしまいました。

仙台市では平成29年4月より「介護予防・日常生活支援事業」(総合事業)が始まりました。
私たちも様々、勉強しながらの相談対応。
スムーズに対応できるよう努めてまいります

こうした地域の皆様からのご相談だけでなく、事業もスタート
元気な皆様の姿に職員も元気をいただいております。

双葉ヶ丘地域包括支援センターは、H29年度も昨年同様の体制で業務を進めて参ります。
今年度も何卒、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


【北仙台コミュニティセンターの介護予防教室】
IMG_3824.jpg

【双葉ヶ丘西集会所の介護予防教室】
西町内会

【地域活動の取材:ゲートボール】
ゲートボール②

【認知症予防型サロンオレンジリングの会】
オレンジリング①

【4月のオレンジリングの会:臨床美術の作品】
作品
| comments(0) | - | page top |

地域の会議でのケアパスの作成+゚。*(*´∀`*)*。゚+

   
年が明けてからしばし…
例年どおり、日頃の業務+H29年度の動きに向けて、いつものごとくわぁ~(。Д゚; 三 ;゚Д゚)わぁ~とばたばたしておりました。
仙台市ではH29年4月より介護予防・日常生活支援総合事業がスタートします。
今、職員一同、新しい「総合事業」の始動に向けて、目下、勉強の日々です
既にご相談をいただいている方々、現在、担当させていただいている皆様には「総合事業」のお話を説明しつつ…
地域の皆様にも「総合事業」のスタートについてお知らせしている最中です。
さっそく、3月上旬に早速に『町内の回覧板で配りたいんだけど~』とお声をかけてくださった町内の方もおりました

さて、そんななか…
双葉ヶ丘地域包括支援センターの圏域である北仙台地区を対象とした“高齢者の方の困りごと相談ガイド”の形が整ってまいりました

ひとつは仙台市に提出する『地域版認知症ケアパス』
こちらは、近隣の地域包括支援センター5ヶ所であれこれと相談しつつ、作成。
もの忘れがちょっと気になってきた…そんな気になる変化がでてきたときに手にとって欲しいという思いで作成しました。
大きさはA5版と少し小さめ。認知症の介護をされているご家族、ちょっともの忘れが気になる方などのご意見を踏まえ、すぐにバックに入れられるサイズにしております。
これから、再度、内容を確認しながら印刷し地域のなかの人がある場所に配布できればと考えています

IMG_3711.jpg
【青葉区北ブロック地域版認知症ケアパス2017年度版表紙】

IMG_3706.jpg
【青葉区北ブロック地域版認知症ケアパス2017年度版の目次】

IMG_3707.jpg
【地域版ケアパス 地域の認知症の相談ができる集いの場ページの一部】

IMG_3708.jpg
【地域版ケアパス 地域の認知症予防(介護予防)ページの一部】


もうひとつは“高齢になってくるとともにでてきた日常のなかの困りごとを解決するための窓口の一覧”地域の皆様と一緒に作りたいそんな思いでスタートした『シルバーケアパス』(仮)(包括職員は勝手にそのように呼んでおりました
この『シルバーケアパス』(仮)が先日、『シルバー困ったときガイド 北仙台』と名称が決定いたしました

こちらもすぐに手に取れてバックに入れられるポケットサイズ
高齢になってきた時にでてくる日常のなかの困りごと。
例えば、「運動する場所を知りたい」、「もの忘れの相談がしたい」、「家事のお手伝いをしてくれるところを知りたい」など。
そんなときに、手にとって見ていただきたい冊子です。

①健康に暮らしたい
②もの忘れが心配
③お金のこと
④家事が大変
⑤とにかく困った


お困りごとの種類ごとに、相談できる窓口の連絡先をまとめております。
上の項目は、9月下旬に地域の皆様とグループワークをして出てきた項目を包括職員で振り分けさせていただいた項目になってます。
これから、今年の7月までに掲載許可をいただきながら、情報のつめ方作業に入ります( ̄^ ̄)ゞ
そして、地域の方々よりご承認をいただいき、町内会の方にご協力いただきつつ各世帯に配布していく予定となっております

IMG_3705_201703271029288af.jpg
【北仙台地区会議(全体会議・地区会議3ヶ所)の会議資料など】

ガイド
【ガイドのたたき台と決定した名称のもの】

IMG_3710.jpg
【ガイドの目次】


まだ、今週1週間、H28年度は続きますが…
今年度も大変お世話になりありがとうございました
H29年度についても、引き続きよろしくお願いいたします
| comments(0) | - | page top |

地域の会議(包括圏域会議)ヽ(≧∀≦)ノ

   
Merry Christmas
今年もそんな時期に突入です。
サンタさんが大忙しのこの季節、今年も残りわずかと双葉ヶ丘の包括センターもワタワタっ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)している…。
といえば、他の職員から『そんなことない』なんて、声が飛んでくるのでしょうか。
何はともあれ、年末が近づき何となく気持ちばかり慌しく感じております

『地域包括支援センター』では、地域の様々な課題を話し合う“地域ケア会議”について、地域の皆様にとって会議がうまく活用できる場になるよう日々、頭を悩ませながら取り組んでおられると思います。
(地域ケア会議については、H27.12月の記事をご参照ください

あれこれ悩みつつの、「ふたば」でも会議を開催しております
H27年度は圏域全体で年3回テーマを設けて開催しておりました。
しかし、これまで会議を進めてきたなかで…。
もう少し各地区のお話を細かく伺いたい、地域の方々の生のお話が聞きたいなぁ~
という思いに駆られ、H28年度は連合町内会、地区社協、民生委員の皆様のご協力を得て、当圏域を3つの地区にわけ地区ごとの会議を開催することとしました

北仙台地区の全体の会議の設置、そして地区別の会議の設置。
そして、どんなメンバーにお集まりいただき、どうやってお話をしていくか…。
地域の諸先輩方々よりご意見をいただき、何とか3つの地区会議の2回目を12月に終えることが出来ました。
それぞれの地区会議では現在…

①地域版認知症ケアパス(認知症のケアの流れ、道しるべになるもの)の作成
②社会的孤立になりやすい状況とは?
③地域の支え合い活動


といったような内容をテーマに進めているところです(若干、軌道修正等しておりますが…
…とはいえ、これは昨年度の会議で少し出てきた内容を包括側で設定したテーマ
地域の皆様から…
『こんなこと話し合いたいなぁ~』、
『この内容でやってみたいなぁ~』

と仰っていただけるような場にしていくのが大きな目標です。

※第1回東勝山・双葉ヶ丘・北根地区会議の様子
【町内会の集会所をお借りして…】
第1回地区会議(東・双・北)
地域住民の皆様、地域の介護保険事業所をはじめ…
地域の病院の先生もお時間を割いていらしてくれた!のは本当にありがたいことでした

地区会議(B)
【行政や病院の先生を交えつつ…。色々な意見が飛び出し

地区会議(A)
【あれは!そうだこんなことも…など。こちらも病院の先生が!】
その他の地区会議は…、熱中し写真を撮り忘れてしまいました

そんななか、12月の会議のなかで…
『結局、介護保険ってどこまでどう使えるのかが分からないこと多いんだよね。 あと、家に来てくれる先生のこととか。そういうことが知りたいなぁ~』
『色々な取り組みを町内でもやってきたんだよ。でも、なかなか続けれなかったりね もっと、ここをこうしてと包括で言ってくれたら町内でも協力するよ。だから、長期計画と短期計画をしっかりして○☆%△…』

こんな会議のなかで温かくも厳しい、率直なご意見が会議のなかで巻き起こり。それもまた、嬉しく…
何となくH27年度までの会議とは一味違った、『良い意味で砕けた場』を作っていただいているな~と感じております
とはいえ、まだまだ包括の至らないところも多く。
会議を今後、どう進めていけばいいかな?なんてことまで本当にたくさん教えていただきました

まだまだ、年度の途中。
これからという部分も多く、少しずつ地域の皆様に還していけるものを積み上げていきたいと思います

ちょっと、早いですが…
どうぞ皆様、良いお年をお迎えください
| comments(0) | - | page top |

市民センター祭りに参加(o‘∀‘o)*:◦♪

   
11月12日(土)
水の森市民センター祭りに今年度はブース出展をさせていただきました

IMG_2934.jpg
【水の森市民センター入口】

IMG_2915.jpg
【双葉ヶ丘包括の出展ブース。体育館の入口付近】

午前の部は、血圧測定と握力測定
子供たちは、両手で握力を測ってみる子もいたり、大人たちは「あれ???平均より低い」などなど。
年齢別握力平均値と『へ~』と見比べている姿がちらほら。

午後の部は、講師の先生をお呼びして臨床美術(クリニカルアート)の体験会v(o゚∀゚o)v
東北福祉大学 社会貢献・地域連携センター予防福祉健康増進推進室よりお2人の臨床美術士の先生をお招きし「モザイクリズム」という臨床美術に挑戦

クリニカルアート
IMG_2939.jpg
【モザイクリズムに挑戦中】

今回挑戦したモザイクリズムは、短冊状の紙やすりに縦横好きに白の色鉛筆で線を引いたあと、ます目に自分の好きな色を塗っていくというもの
参加された皆様は思うままに、線を引き、色を塗っておられました
紙やすりに塗る色はちょっと違った風合いでそれもまた、味わいのひとつ

おばあちゃんと孫ちゃん
お父さんと娘さん
お友達同士
様々な年代の方が参加し、素敵な作品を作り、その作品を通じたコミュニケーションがまた面白い

たくさんの方々にご参加いただいき、最後には材料が足りず…
ふたばの職員も挑戦してみたかった(;д;)
そして、思った以上にご参加いただいたことでバタバタしてしまい(゚△゚;ノ)ノ
皆様の素敵な作品を写真に収められなかったのだけが、残念でした。


【参考】★☆臨床美術(クリニカルアート)とは…☆★
芸術的な創作活動やコミュニケーションを通して、脳とこころを活性させ、認知症の予防や改善、心の問題のケアを目的とします。施設のアクティビティとして楽しめるほか、 お子様の感性教育の一環として、教育・保育分野でも注目されています。
| comments(0) | - | page top |
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。